幼いころからのあこがれ

  • 梶野 優介

  • 調理・キッチン

幼い時からのあこがれ

小学校の時に松風閣を家族で訪れたことがありました。その時の楽しかった思い出から、大人になったら、松風閣で働きたいという想いをずっと持ち続けていました。大人になって就職先を探しているときに、ホテルアンビア松風閣での調理の募集を見つけてときは、すぐ飛びつきましたね。実際に松風閣で働いてみて、自分の思い描いていた通りの職場だったので本当に毎日楽しく仕事ができています。

多様な考え方が集まる職場

ホテルという職場には、さまざまな職種があります。その中で色々な考え方に触れることができ、自分の成長にもつながっていると思います。最近、僕も、キッチンの中で異動したのですが、今までになかった考え方や、仕事に対する思いを聞くことができて、それを取り入れることで、自分の成長が早くなっているのを実感します。今後、板場の職場や表の接客の仕事なども色々な仕事を経験させていただき、調理人としてだけでなく一流のホテルマンに成長していきたいと思っています。

これから入ってくる方へのメッセージ

仕事をするということは、お金をもらえるということです。それはつまり、プロフェッショナルになるということです。
仕事をしていく中で、「楽しくないな、つらいな」と思うこともあるでしょう。そういうときには否定的な考えでやるのではなく、この仕事はどうしたら自分のプラスになるのかなど、前向きに捉えるようにしています。一緒にプロフェッショナルを目指して頑張りましょう。